チャットサイトで稼げるメールで良い文章を書くコツ

家でもできる在宅アルバイトを始めてみませんか??
在宅でお仕事ができると、良いことがたくさんあります。
例えば・・・

●通勤時間が必要ない。
通勤時間がなくなれば、その時間を純粋な仕事の時間に当てられる事になります。
給料が時給計算のお仕事だと、少しの時間も無駄にしたくありませんよね。

●小さい子どもがいても大丈夫。
小さいお子さんがいる場合、すぐ近くの目の届く範囲でお仕事できれば安心ですよね。在宅アルバイトならそれが可能です。

●時間の融通がきく。
何か急用ができても大丈夫!
時間をずらして働くことができます。

●携帯だけでお仕事ができる。
携帯だけでお仕事ができる、出先のちょっとした時間にお仕事ができる
携帯だけの在宅アルバイトはこちら
このページでは、おすすめ在宅アルバイトのチャットサイトのメールで、文章を上手に書くコツをご紹介します!

目次
句読点の打ち方
適度な句読点を打った文例
です・ますで書く
主語と述語の関係をはっきりさせる
伝えたいことをはっきりと

チャットサイトのメール 句読点の打ち方

句読点など、初歩的・基本的なミスのある文章は、それだけで読むのが嫌になってしまうものです。
反対に美しい句読点は、ストレスなく文章を読むことができます。
特に男性会員に対しては、句読点をしっかり使いこなしたメールを送ることで良い印象を持ってもらいやすくなります。

句点(。)は、文の終わりに打ちます。
当たり前のことですが、意外に忘れる人が多いので注意しましょう。

読点(、)は、文を読みやすくし、誤解を防ぐために打つものです。
ただし、あまり多く打ち過ぎるのも良くありません。
読点をつける原則としては次のような場合があげられます。
●語句を対等に並べる場合
●重文の境目
●倒置文の場合
●ある語を強調する場合
●感動詞の後
●挿入句の前後または前

悪い例
父親は楽しそうにブランコをこぐ息子を見ていた。
「楽しそうに」しているのが父親なのか息子なのか分からない)

よい例
父親は、楽しそうにブランコをこぐ息子を見ていた。
父親は楽しそうに、ブランコをこぐ息子を見ていた。

上に戻る

チャットサイトのメール 適度な句読点を打った文例

適度に句読点を打つことは、読みやすい文章にするために大切な事です。
句読点が無い例文を読んでみてください。 「今日は晴れてとてもいい天気になりました。遠くの山や海も綺麗に見えており外に誘われている気分になります。こんな日は少しおしゃれをして外の風を満喫しに出かけてみませんか。きっと新しい発見があるでしょう。爽やかな空澄んだおいしい空気そして大好きなあの人があなたを待っていますよ。」

句読点がないと、読み手としては息継ぎができず読みづらい文章になってしまいます。
同じ文章に句読点と改行を打つとこのようになります。

「今日は晴れて、とてもいい天気になりました。遠くの山や海も綺麗に見えており、外に誘われている気分になります。
こんな日は少しおしゃれをして、外の風を満喫しに出かけてみませんか。きっと新しい発見があるでしょう。
爽やかな空・澄んだおいしい空気・そして大好きなあの人があなたを待っていますよ。」

句読点を打つことによって意味をとらえやすくなり、文章のテンポもよくなります。
反対に、句読点の打ちすぎも読みづらい文章になってしまいます。

適度な句読点を打ってみましょう。

上に戻る

チャットサイトのメール です・ますで書く

初めのうちはメールを「です・ます」調で書くようにしてみましょう。

文章を書き慣れない段階で、かっこいい表現にしよう・軽いノリで書こうとしても文章としては読みにくいものになりがちです。
まずは、「です・ます」調をもとに文章を書いていくのがベストです。
「です・ます」で書くと堅苦しくて読みにくくなるのではと思うでしょうが、決してそんなことはありません。
むしろ、文章としては何を伝えたいのかはっきりするのでわかりやすくなり、コミュニケーションしやすいものになります。

書く経験を積み重ねていくうちに、表現のレパートリーが増え、自分なりの個性の出しどころがつかめてきます。
そうなってくれば読みやすくて味のある文章表現ができるようになってきます。
それからでも個性的な文章を書くのは遅くはありません。
文章を書く基本は、まず「です・ます」調から始めてみましょう。

上に戻る

チャットサイトのメール 主語と述語の関係をはっきりさせる

分かりやすいメールのためには、主語と述語をはっきりさせることが大切です。
しかし、これができるようで意外に難しいものです。
「AはBです」というときのAとBが対応していない文章になると、読んでいる側は何を主張したいのかわからず誤解も生まれがちです。
例えば「私の部屋に、デスクトップとノート型の2台のパソコンがあります。」と書きたいところを、「私の部屋に、パソコンがデスクトップとノート型の2台です。」のようなあいまいな表現で書いてしまうことがあります。

もちろん、読み取れはするものの、どことなく読み手に頭をひねらせてしまいます。

ですから大切なのはメールを書くときは、「私は・・・何を言いたい」という構想を頭に浮かべます。
そして、その構想を固定して文章を装飾すると主語と述語が動かないので主張をまとめやすくなります。

頭に描いたまま文字にしていくと、主語と話の関連がしだいに離れてしまい、無関係になりがちです。
文章を書く前にこの一文で何を言いたいかを明確にしてから書きはじめるとよいでしょう。

上に戻る

チャットサイトのメール 伝えたいことをはっきりと

意見や主張を述べるときに「~と思います」と、末尾に必ずつける文章を時々見かけます。

しかし、「思う」ばかりでは説得力だけでなく、自分が述べたい内容すべてをあいまいな表現にしてしまいます。
人とトラブルを起こさないために「思う」をつけるとよいという人もいますが、議論をするときは互いの主張がぼやけてしまったり、責任のない表現の繰り返しになる場合もあります。

しっかり自分の意見を言うときは、はっきり主張しなくてはなりません。
そのときにあいまいな表現をすれば説得力も欠け、相手に対して失礼な返答になるかもしれません。

「思う」だけなく「自分の意見はこうである」という内容を込めるのも人に伝える文章にするためにはとても大切です。
自分の意思をはっきりさせつつ、文章を書くのが良いと思います。

上に戻る

サイトメニュー

© 2010-2018 FAMU(ファム)で携帯チャットレディー